学校法人 福井城之橋学園/城之橋幼稚園

HOME

入園のご案内

TEL:0776-22-4859

info@jonohashi.ed.jp

今月の園長メッセージ

前のページ 次のページ      一覧をみる

2月『わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。』(コリントの信徒への手紙2 4章18節)

IMG_8243

「見える世界と、見えない世界」                 園長 浦上 充

 ついこの間、年が明けたと思ったら、あっという間にもう2月です。幼稚園では、子ども達が、頭の先から足の裏まで絵具まみれになって、作品展の準備を進めています。今年もダイナミックで、夢のいっぱい詰まった作品が準備されています。完成するのが楽しみです。
毎年感じていることですが、子ども達が形作った物や描いた絵を見て、本当にすごいと感心させられます。確かに、その一つ一つの作品は、セロテープやノリがちゃんとくっついてなくて、すぐにポロっと取れてしまったり、絵を描いているうちに楽しくなって枠から飛び出してしまったりしますが、その小さな身体の中に秘めたイメージをフルに使って、表現しようとする力は、とても大きなものです。
今月与えられた聖書の言葉は、城之橋幼稚園がいつも大切にしている言葉の一つです。私たちはいつも、目に見えるものではなく、目に見えないものを大切にしながら保育をしています。それは、お友達を大切にする真心や愛、お友達と一緒に一つのものを作り上げる熱い思いであったりします。城之橋幼稚園の作品展を見ていつも感動することは、子ども達が、私たち城之橋幼稚園が長い間大切に受け継いできた「目に見えないもの」を大切にするという思いを受け継いで、一つの作品に仕上げていく様子です。子ども達は、鳥であれば鳥を、動物であれば動物を作っていきます。しかし、子ども達の作る鳥や動物には、目には見えない物語があり、性格があり、人生があります。子ども達は、「モノ」の表面的な形を作っているのではなく、イメージしながらその「モノ」の目には見えない世界を形作っているのです。
イエス様は、いつも目に見える物の奥にある、目には見えない私たちの姿に目を止められていました。その姿に倣って、私たち城之橋幼稚園も、子ども達と共に目には見えない思いを大切にしていきたいと思います。