学校法人 福井城之橋学園/城之橋幼稚園

HOME

入園のご案内

TEL:0776-22-4859

info@jonohashi.ed.jp

今月の園長メッセージ

前のページ 次のページ      一覧をみる

1月『光の子として歩みなさい』(エフェソの信徒への手紙 5章8節)

0341_20161116 - コピー

「大それた目標 内に秘めた願い」                 園長 浦上 充

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。新しい年が皆さまのご家庭の上に恵み豊かな年となりますよう教職員一同お祈り申し上げます。
今年は、雪かきをしなくても良い暖かいお正月を迎えられましたね。皆さんは、どのような冬休みを過ごされましたか?
3学期は、つばめ組さんにとって、幼稚園で過ごす最後の時となります。また、ひよこ組さん、たまご組さん、ぴんく組さんにとっても、つばめ組のおにいちゃんやおねえちゃんたちと一緒に作り上げる作品展に向けて、わくわくとドキドキがいっぱい詰まった学期となります。
「一年の計は元旦にあり」とあるように、皆さんのご家庭では、それぞれの1年の計画をお話をされましたか?
私が小さかった頃、毎年お正月に自分の目標を書初めして、家の玄関に掲げていました。幼稚園の頃はそれがとても嬉しかったのですが、小学校に上がり成長するにしたがい恥ずかしさが募り、あまり大それた目標を掲げなくなった記憶があります。
そのような私たちに、今年最初に素晴らしい聖書の言葉をいただきました。「光の子として歩みなさい」。幼かった頃の私がそうであったように、人は年を追うごとに知恵が増し、自分の限界を知り、必要以上の努力をしなくなります。日々の生活の中でそんな自分に気が付いた時、私は父が毎年書いていた目標を思い出します。「世界が愛で充たされますように」。これは、一人の人間では背負いきれないほどの大それた目標です。しかし、私の父はそれを本当に真剣に祈り、書いていました。私たちは、いつも慈愛に満ち溢れ、誠実で嘘をつかない「光の子」として歩む事が出来るような人ではありません。しかしそれでも、そのように生きたいと願う時、私たちが歩む1年は、それまでの1年とは大きく異なることでしょう。 2017年が、皆様の上に祝福された年となりますように。光の子として、今年も歩んで行きたいと願います。