学校法人 福井城之橋学園/城之橋幼稚園

HOME

入園のご案内

TEL:0776-22-4859

info@jonohashi.ed.jp

今月の園長メッセージ

前のページ 次のページ      一覧をみる

7月『探しなさい。そうすれば、見つかる。』(マタイによる福音書 7章7節)

IMG_5132

「心をはぐくむ歌声」                     園長 浦上 充

あじさいが美しい花を咲かせる頃となりました。まだ梅雨が続いていますが気持ちの良い晴れ間を縫って、城之橋の子ども達は、どろんこあそびをしたりお花のお世話をしたりと、季節の移ろいを肌で感じています。
皆さんのご家庭にもお便りが届いたと思いますが、今年も秋に開催されるPTA大会の準備が始まりました。私も実行委員として式典の部のダンスと合唱の指導に入っておりますので、今年も多くの保護者の方々とお話しをしながら歌ったり、踊ったり出来るのを楽しみにしています。
城之橋幼稚園と他の幼稚園の違いは多くありますが、中でもその違いが如実に現れるのは園で歌う曲の数です。以前、他園の園長先生に聞いてみた所、城之橋の子ども達は他園と比べて2倍~3倍の数の歌を歌っていることが分かりました。これはもちろん、毎日クラスで行われる「お礼拝」で讃美歌を歌うという事もあると思います。この気付きは、改めて人の声、特に歌声によって養われる心が、この城之橋の空気を作っているのだなと感じました。私も子どもの頃、親から多くの歌を歌ってもらった経験があります。寝る前にお布団の中で子守歌を歌いながら寝た経験は、かけがえのない、人生の宝です。
 しかし、思い返してみると、普段の生活の中で、私たちはどれほど歌っているでしょうか? ひと昔前には、童謡や子守歌、流行歌などをみんな口ずさんで、料理をしながらでも、お風呂の中でもよく歌っていました。しかし近年、日常生活の中で、私たちが小さいころには溢れていた歌が、失われているような気がします。もちろん全く歌わなくなったわけではありません。カラオケに行けば、隠されていた見事な歌声を披露してくれます。日常生活の中で流れていた歌声が減ったことが、私たちの子どもの世代にどのような形で表れているのかは分かりませんが、少なくとも私自身は、母親が何気なく口ずさんでいた鼻歌や歌声を聞いて育ち、それが自分の心の平安につながっていると感じています。
子ども達と私たちの生活が、豊かに祝され、恵みがあふれるものとなりますように、お祈り致します。